Search
  • 亀岡校の片山さん

ことわざ

先日、海外ドラマを見ていた時、なんだか懐かしいフレーズが出てきました。

“It’s no use crying over spilt milk.”

”これ、学生時代がんばって暗記したなぁ~“という懐かしさです(^^;

ことわざ(saying, proverb)は英語圏にもありますが、お国柄や文化・宗教によってそれぞれ身近な言葉が使われ、同じ意味でも言葉の選び方や表現のし方が変わります。

よく似たものもあれば、その国特有の発想から生まれたものあり、違いを見ていくと面白いですね。

ことわざを勉強すると、要約力が身に付き・英作文のスキルアップにもつながります。

以下、日本語と英語でよく似た表現のものをあげてみましょう。

同じ意味、ほぼ同じ表現

・時は金なり-time is money

・愛は盲目―love is blind

・一石二鳥-kill two birds with one stone

・火のないところに煙は立たぬ-there is no smoke without fire

・財布の紐を握る-hold the purse strings

・顔にかいてある-be written on someone’s face

・十人十色-so many men, so many minds

・口は災いの元-out of the mouth comes evil

・氷山の一角-the tip of the iceberg

・ローマは一日にしてならず-Rome wasn’t built in a day

同じ意味を違った表現

・犬猿の仲―cat and dog terms

・トラの威を借るキツネ- an ass in a lion’s skin

・ネコをかぶる- a wolf in sheep’s clothing

・陸に上がったカッパ- like a fish out of water

・借りてきたネコ-meek as a lamb

・ゴマをする- polish the apple

・坊主憎けりゃ袈裟まで憎い- love me, love my dog

・早起きは三文の得- the early bird catches the worm

・捕らぬ狸の皮算用-don’t count one’s chickens before the hatch

・聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥-better to ask the way than go astray




10 views0 comments

Recent Posts

See All