Search
  • 桂校の内田さん

“Indian summer”

暖かい陽気が春の到来を予感させ、かと思えばまだまだ冷え込む日も多く、三寒四温という表現を使いたくなる時期になってきました。


この時期に、「小春日和」という言葉が頭に浮かぶ人はいないでしょうか?


この言葉は「春」という漢字を含むので「春の前の暖かい日、春先」というような雰囲気を持っているのですが、本来はかなり違う時期に使われる言葉で「晩秋から初冬にかけての、暖かく穏やかな晴天」とういう意味になります。


英語でも似たような表現がありました。


”Indian summer" という表現で、

”An unseasonably warm, dry and calm weather, usually following a period of colder weather or frost in the late Autumn”


「寒い季節に入った後の、季節はずれの暖かく乾燥した、穏やかな気候」というような意味になるので、日本語の「小春日和」とよく似ています。この言葉はアメリカで生まれた特有の表現で、”Indian”は、インドのことではなくネイティブアメリカンを指すとのことです。

どちらも晩秋から初冬の気候を表現しますが、英語では”summer”日本語は「春」という季節の言葉を使っているのが興味深いですね!




0 views

© 2020

グローバルイングリッシュマスターズ 

All Rights reserved

  • White Facebook Icon

gem-infoアットマークgem-eikaiwa.net

〒615-8191
京都市西京区川島有栖川町2-3

Forceビル 402号