Search
  • 桂校の内田さん

Mail-In Ballot

全世界が注目する中、11月3日が米国の大統領選挙の投票日となります。

投票日は、最初の月曜日の翌日の火曜日、と定められている (原文: on the Tuesday next after the first Monday in the month of November of the year)ので、今回は3日となりました。単純に「第一火曜日」ではないのがすこしややこしいですね💦


GEMの講師を含め、米国外等、地元以外に滞在している米国人は、absentee voting/ballot (不在者投票) を申請し、各州指定の方法で投票します。

NASA があるテキサス州では、なんと宇宙飛行士が宇宙から投票することが法律上可能です。1997年に、実際に David Wolfという米国人宇宙飛行士が、ロシアのスペーステーション”Mir”から、テキサス州内の選挙に投票しました。

テキサス州ではその一方で、郵送での投票を選択できる条件が規定されていて、その条件のなかに「コロナウィルスのパンデミックによる感染防止」は含まれないという判断が、今年裁判所により示されました。


テキサス州はトランプ氏の共和党の”stronghold”(牙城)とされてきましたが、今回の大統領選挙においては、”swing state”(どちらが勝利するか分からない州) になるだろうと報道されています。


仮に票が拮抗し、郵送での投票(mail-in ballot/voting )の有効性が再び問われることになれば、最終的な判断まで時間を要する可能性があります。


Texas は”electoral college” (選挙人)が38人と、カリフォルニア(55人)に継ぎ多く、この州の結果が大統領選の結果を左右する可能性さえあります。逆に、全米で前回2016年に投票しなかった有権者が今回郵送などで投票し、投票率そのものが大きく上昇し、”landslide”と表現される「圧勝」となる可能性も多分にあります。


次回のレッスンで、多くの生徒さんがこの話題に触れるかと思います。

アメリカ大統領選挙のシステムは複雑で、普段あまり耳にしない英語表現も多いので、わからないことがあれば是非講師に質問してみましょう👌


大統領選挙に関する英語表現例


“mail-in” = 郵送による

“in-person voting” = 実際に投票所に行き、投票すること

“ballot” = 投票用紙

“voting” = 投票

“turnout” = 投票総数, 人出

“absentee voting” = 不在者投票

“electoral college” = 「選挙人」*米国大統領選は、有権者が直接候補者に投票するのではなく、州の人口比により割り当てられる「選挙人」の獲得数を競う。全米で538人、過半数の270人を獲得した候補が大統領となる。


“GOP(Grand Old Party)” = 共和党の別名

“stronghold” = 牙城、特定の政党等が強い影響力を持つ地域

“swing state” = アメリカ大統領選挙で, 浮動票が多いため, どの候補者が有利か読めない州で、しばしば選挙の行方を左右する

“landslide victory” = 選挙などでの大勝利




1 view0 comments

Recent Posts

See All

© 2020

グローバルイングリッシュマスターズ 

All Rights reserved

  • White Facebook Icon

gem-infoアットマークgem-eikaiwa.net

〒615-8191
京都市西京区川島有栖川町2-3

Forceビル 402号